一人暮らし女性のすすめ。生活の知恵、楽しさ、辛さ…

私は一人暮らしをしているアラサー女です。もとは実家に住んでいたのですが、家族のにぎやかさに嫌気がさし、一人暮らし開始!ところが…そんなに世の中甘くはない。厳しい現実と戦う日々。しかし、学ぶことは多々あり!ストレスフリーで楽しいところもたくさん。そんな一人暮らしで学んだこと、コツやらを記録していきたいと思います。介護福祉士、管理栄養士の資格あり。

一人暮らしのすすめ!メリット・デメリット

初めての記事です。

 

私は一人暮らしを始めてかれこれ、5年たちます。

はじめは、楽しくて仕方ありませんでした。何時に帰ろうが、何を食べようが文句は言われませんから(^^♪

解放感~

好きな料理もし放題です。自分の好きな家具を買って好みの配置にしました。自分の部屋にいるだけで満足。そんな気持ちになったことは初めてでした。

 

 

一人暮らしのメリット

 

〇自由

 ・とにかく口出しされない

      →これ私は一番大きいです(笑)好きなことを思う存分できます

 ・好きなことが好きな時間にできる

 ・キッチン使い放題

 ・何時にシャワー浴びてもいいし、洗濯してもいい

   (人と被ることはありませんから。)

 ・同じ空間にいる人に対して気を遣うことがない

    →テレビ・エアコンの温度独占できる

 

〇自分のお城をつくれる

 ・自分の好きなものに囲まれて生活できる

 ・配置や模様替えし放題で日々暮らしやすい部屋を追求できる

 ・好きな人(男も女も)を気兼ねなく招待できる

 

〇チャレンジしやすい

 ・他者を気にしなくていいため、習い事や新しいことを始めやすい

 ・節約もしやすい、自分次第

 ・資格を取ったり、勉強したりしやすい

 ・転職しやすい

   →家族に相談するのもよいと思います。相談したとしても物理的な距離が離れているだけで、程よい心の距離感につながり、踏み込まれにくいのです。これは心理学上で言われていることで、自分でも実感しています。自分でじっくりと考え、答えを出す時間もあります。

 

 

 

 

「一人暮らしいい!」

しかし…

 

 

 

徐々に大変さに気が付いてきます。

 

「あー今日仕事忙しかったー。疲れたー。」

「あ、食べるものがない…   作らなきゃ、  あ…  材料がない、  …買ってこなきゃ・・・」

 

「今月財布が厳しいなー…」

「あれ?今月も財布が厳しいな…」

「あれれ…?    今月も……」

 

「あー具合が悪い*1 風邪ひいたかな?  しんどいな…」

「飲み物がない…動くの辛い・・・」

 

一人暮らしのデメリット

 

〇全部自分でやらなくてはいけない

  ・書類や手続き関係は自分で調べて処理しなくてはいけません

  ・蛍光灯取り換え、タイヤ交換自分でいい方法を見つけないといけません

 

〇緊急事態に助けを求めづらい

  ・風邪ひいても薬買ってきたり、疲れていてもお風呂掃除したり自分でしなくてはいけません。洗濯しないと着るものがなくなってしまいます。

   →頼れる人を作っておくとよいです

 

〇お金がかかる

  ・固定費が上がります

    →これ一番痛いです

     実家暮らしではなかった家賃・電気水道代がのしかかってきます

  ・食費が上がる

    →野菜を買ってきても、全部食べ終わる前に痛みやすいです

     ちょうどいい量のものを買って節約する技が必要です

  ・貯金しづらい

    →お金がかかるので貯金に回せるお金が少なくなりやすいです

 

 

 

一人暮らしって一言でいうと、楽です。今だからこそできる、やりたいことや好きなことに全力で取り組むことができます。

しかし自分のことは自分でしなければなりません。掃除・洗濯・炊事などなど。でも一人分なので家族のいる家の家事に比べればほんの少しだとと思います。好きなようにできるので、楽しいと感じることもできます。

以上のことから、トータルして私は一人暮らしをお勧めします。

緊急事態に頼れるような人を作っておく、節約術・貯金術を身に着けることでより安心して一人暮らしができると思います。

ぜひ悩んでいる人はトライしてみてください。楽しいですよ(^^)/

*1:+_+