一人暮らし女性のすすめ。生活の知恵、楽しさ、辛さ…

私は一人暮らしをしているアラサー女です。もとは実家に住んでいたのですが、家族のにぎやかさに嫌気がさし、一人暮らし開始!ところが…そんなに世の中甘くはない。厳しい現実と戦う日々。しかし、学ぶことは多々あり!ストレスフリーで楽しいところもたくさん。そんな一人暮らしで学んだこと、コツやらを記録していきたいと思います。介護福祉士、管理栄養士の資格あり。

自律神経失調症になった時の記録。自律神経を整えるためにやった7つのこと。

28歳独身女子のもじゃもじゃです。

とても元気に過ごしています☻

 

しかしこんな私も体調を崩したこともありました。

 

自律神経失調症です。

 

「仕事頑張ろう」「皆さんの役に立ちたい!」

と本気で思い(真面目笑)仕事を頑張っていたときのこと。

 

周りからは絶好調に見えたかもしれません。

自分でも頑張っているな私!と感じていました。

 

知らず知らずのうちに心も体も疲れ切ってしまっていたのです。

 

症状はこれです

  • 頭痛
  • 下痢
  • 強めの体のコリ・痛み
  • 吐き気・・・「おえっっ」っとなるだけで、本当に吐きはしない
  • 不眠
  • 常に不機嫌、笑えない
  • コーヒーを飲むと手が震える
  • 体がカッカする

 

原因は、仕事でした。

上司が変わったのがきっかけでした。

その上司はたくさん仕事を任せてくれました。

 

役に立てることがうれしくて、

頼まれたことは「はい!!」

と言って何でも受けました。

その方が正しいと思っていたのです。

 

その結果、自分を追い詰めてしまいます

  • 仕事量が多くて時間内に終わらない
  • イエスマンになっていたので、どんどん頼まれる
  • 自分のやりたい、大切にしている仕事が丁寧にできない→さらにストレス
  • 他者が余裕をもって仕事をしているとイライラする
  • コミュニケーションする時間さえも無くなり、同僚とのコミュニケーションも雑になってしまう
  • 気が付けば孤独で辛い状況になりました
  • 周りの信頼もなくなっていき・・・

 

症状があらわれてきて、自覚も出てきたとき「疲れているかな」と思い始めました。

思いきって上司に、体調のことを相談したら、

「事務仕事の速さには個人差があるから」と言われてしまいました。

「自分が仕事が遅いのかな?自分のせいで余裕がないの?」と自分を責めました。

効率的に仕事ができるようになろうと、仕事術の本を読んで勉強しました。

結果仕事は確かに早くなりました。しかし仕事量自体が時間に見合わないものだったので、終わらない日もありました。さらに自分にストレスがかかりました。

 

 

そして、利用者さんにも優しい言葉を使えなくなっていました。

(介護職失格 泣)

 

 

「あれ??」

 

「私のやりたい仕事ってなんだっけ?」

 

 

利用者さんたちと関わることが大好きな時間でしたから、苦痛でした。

 

 

最終的には

  • 味がしない(仕事中給食を作っていて、味見をしたときに気が付きました)

 という症状が出てきました。

 

ここまで来てやっと「やばいな」と感じました。

 

何とかしなきゃと思い、周りに訴えました。

時間はかかりましたが、上司も日常業務をやるようになってくれました。

 

この経験からわかったことは、ストレスは「やばい」と気が付いてからでは遅いということです。

症状はしばらく続き、今でも緊張するような場面では症状が出ることがあります。

 

特に人のことを優先させてしまうタイプの人は、自分を犠牲にしやすいです。

その結果、辛くなり、余裕も無くなり、周囲から孤立するって悲しいですよね。

まずは自己管理できるようになりましょう。

 

自己管理とは・・・自分の仕事量のコントロール、体調管理、自分の疲れに気づいてストレスを発散する、楽しみを作る‥など

 

また、自律神経を整えるためにやったことがあります。

 

 

 

自律神経を整えるためにやった7つのこと

 

1、睡眠時間や体をオフにすることを心がける

 アロマオイルを使う

 マッサージに行く

 運動する

 睡眠時間を決めて生活リズムを整える→10:00~6:00とか時間も守る

 

2、職場でも自己表現をする

  •  ノーと言う→これはかなり有効、最初は勇気がいるが、一度行ってみると相手の態度も変わてきます。こちらの状況に意識が向いてくれます。丁寧に状況を説明すれば、一度ノーと言ったくらいで、相手の機嫌を損ねることは少ないです。
  •  感情を押し殺さない、自分の感情を素直に表現

      →結果的にいつもニコニコしていられる

       (感情をその場で表現していると、ストレスが溜まりません)

       本来は感受性が豊かな方が好かれます

       常にいっぱいいっぱいでむっすりしているより、

       思ったことは言って、いつもニコニこしている人になりましょう

 

 

3、しっかり正しく休む

  •  好きなことをする時間を作る
  •  仕事の休憩時間はしっかり休む
  •  自分の疲れに敏感になって、今自分にはどんな休み方が必要なのか考える

     体の疲れ・・・お部屋でDVD?本?

            ただただ寝る

            マッサージでほぐしてもらう

     こころの疲れ・・・ショッピング

              アウトドアで自然と触れ合う

              旅行で別世界へ行き、脳内リフレッシュ

              マッサージで癒される

      

 

4、仕事をすすめる計画を立てる

 効率的に進められるよう計画を立て「今日はこれをします」伝えられるようにしました。仕事の状況を説明できれば、無理な仕事量を押し付けられることも無くなります。

 

アロマオイルを使ってリラックス

  • アロマオイルを湯船に数滴垂らして入浴する

            →これめちゃくちゃリラックスできておすすめ!

   私はラベンダーとゼラニウムの組み合わせが好み💛

    • ティッシュに数滴たらして、それを枕元に置いてリラックス入眠!

※オイルは天然ものでない(人口ものだと)と効果がありません。100パーセント天然をお勧めします。

6、周囲に自分のことを話してみるようにする

 自分が思っている以上に、周りの人は自分のことに興味がないので、自分から話してみる(心を開く)と、良いことがありました。自分の気持ちは自分しかわからないので、わかってほしいという甘えはやめましょう。気持ちを伝えることをしなくて、わかってもらうのは無理なことです。

 

感情が揺れたときは、「なぜ今自分がこんな感情になっているのか」と考えてみる

 不安になったときは、その 謎の不安 を疑ってみる。冷静に自分を外側から見られるように練習しました。意外と心配しなくてもいいことかもしれない、と気が付くことがあります。

 私は上司にイエスマン的な対応をすることがいいと思っていましたが、結局体調崩してしてダメな仕事の仕方だったことに気が付きました。思い切って自己表現してみることにしたら、上司は怒らず(葛藤はあったとは思いますが)、今までの上司のやり方を変えてくれました。今は分担して業務に取り組めています。

 

 

 マッサージは万能です。疲れているときは頻繁に行っていましたが、お金がかかるので今は、疲れをまず溜めないことをしっかりとやっていきたいと考えています。

 

 そして、笑顔でいられるようにしたいと思っています。幸せは伝染するので、人に幸せを与えられるくらいパッピーな人間になれれば良いな、と考えています。

 

f:id:T7tsumi3:20180625165939j:plain

自分が幸せを感じられるようになることで、周りも幸せに。